素敵なナチュラルウエディングにするには?

現代の結婚式は自分たちの個性や好みを思いっきり出す時代。そうなると派手になってしまいそうな印象ですが、シンプルで大人っぽい、「ナチュラルウエディング」を目指す人も多いようです。

 

がんばりすぎたり気合いを入れたりしすぎると、その時点でナチュラルさがなくなってしまうため、意外と難しいのがナチュラルウエディング。きらびやかな装飾よりも、本当の自然を意識すると分かりやすいかもしれません。たとえば木や葉っぱの緑などはまさに自然の一部ですよね。実際、緑をベースとした植物を飾り付けに使用するのはナチュラルウエディングでは多くあります。色とりどりの花もきれいですが、原色に近い色や派手な色が混じってしまうとナチュラルさが激減してしまうので、薄めのグリーンやブラウンなどの飾り付けをオススメします。

 

また新郎新婦の衣装も大事です。せっかくナチュラルな飾り付けができているのに、新婦のドレスがまぶしい色では違和感が生まれてしまいます。多くの新婦がお色直しでカラードレスを着るかと思いますが、その際には原色に近い色ではなく、薄めのサーモンピンクやグリーン系などがより会場の雰囲気とマッチするかと思います。そしてブーケもグリーンを多めにするとナチュラル感が出るので花選びの際は意識するといいでしょう。
新郎もお色直しをして、ベージュやブラウン系の衣装に着替えるのもオシャレです。なんと言っても新郎新婦が並んだときのバランスは一番大事ですので、ふたりで統一感のある衣装を選びましょう。

 

最後に新婦の髪型について。ありのままの自然の姿を出すためには、定番のアップスタイルよりも髪の毛を下ろしたダウンスタイルのほうがしっくりときます。また「ゆるさ」が重要なポイントとなるため、ふわっとしたパーマやスタイリングをしておくとよりナチュラル感を演出できます。ヘアメイク担当の方にはそれを伝えて一体感を出しましょう。

 

細かいアイテムなどを挙げればきりがないですが、ナチュラルウエディングの一番のポイントは色選びと雰囲気作りです。ナチュラルをテーマにした作品やお店のコーディネートなどを見ておけばインスピレーションも高まりますので普段から注目しておくのもいいでしょう。おふたりらしい飾らないナチュラルウエディングを作り上げてください。