結婚と車

結婚を機に変わることといえばたくさんありますが、自分たちが乗る車をどうするかということもその中のひとつです。それではどのような変化があるのか考えてみましょう。

 

結婚生活で必要な物として多くの人がお金を挙げます。車は、とてもお金がかかるものですよね。そこで車種を普通車から軽自動車にするという選択をする人も多いです。購入価格、維持費、燃費など普通車よりも多くの面でコストカットが期待できるのが軽自動車。小回りも利き運転がしやすいので、ママになる女性にもオススメできます。

 

ひと昔前は車がステータスだなんて言われることもありましたが、現在ではそういった考えをもつ人も減ってきました。つまり、走りさえすればいいという考えの人が増えているということです。そういう人は、新車同然だが購入費用が抑えられる未使用車を購入したり、リースで月額料金を支払って車に乗るということをしてもいいでしょう。車は欲しいが費用を抑えたい、中古車を買うのは不安だという方にオススメの方法です。

 

結婚後に子どもが生まれることを想定して、ミニバンタイプの車を購入する人も多くいます。ミニバンとは車内の空間が広々しており、小さな子どもなどでも乗り降りをさせやすく、買い物などの荷物も余裕をもって収納することができます。家族にとってはとても使い勝手のいいタイプの車種であるといえます。ただやはり軽自動車やエコカーなどに比べると維持費はかかってしまうので、その中でも排気量などをみて税金が安い車を選ぶのがポイントです。

 

購入する・買い替えるというだけでなく、車を手放すという選択肢もあります。単純にガソリン代、税金など維持費がなくなるわけなのでそのぶんのお金が浮くことになりますね。もちろん車がなくても移動手段に困らないという場合には限られてしまいますが、引っ越しなどでそういった環境になった場合は賢い選択だといえます。また、ふたりが一台ずつ車を持っていて、一台で十分だと判断して一人分を手放し、維持費を削減するということでもいいでしょう。

 

結婚で一緒に住むとなると、独身時代とは必ず何かが変わり、その多くはお金に関することです。そしてそれに大きく関わるのが車。ムダをカットしつつ大きく節約できるものでもありますので、一度ふたりで見直しをしてみませんか?