挙式会場の広さを考えよう

挙式・披露宴または1.5次会に招待されているゲストはどちらも参加する場合もあれば、披露宴、1.5次会のみの参加という場合もあります。そして意外とそれはあやふやになることが多く、遠方からなので間に合えば挙式も出たいが間に合わなければ披露宴のみ、くらいで考えているゲストも多くいます。つまり披露宴に出るゲストの数ははっきりと分かっても、挙式へ参列する正確なゲストの人数は分からないことが多いのです。

 

そこで問題になるのが、挙式会場の広さがどれくらいであるかということです。広すぎたり狭すぎたりしないように、

 

・念を入れて披露宴の招待状を送っているゲスト全員を収容できる会場を選ぶ
・遠方からのゲストなど時間的に挙式に間に合いそうにないゲストは省いておく
・あらかじめ聞ける範囲で挙式参列者の人数を聞いておく

 

上記のような事前対策をしておくのが確実だと思います。ゲストの意識は挙式もぜひ出席したいという人もいれば、披露宴だけでいいという人、時間に余裕があれば挙式も出席しようかなという人など、ほんとうにさまざまです。また挙式は親族だけで行う場合もあるので、その流れで親族でないゲストは控えようとする人もいます。ですので親族のみなのかそうでないのかを伝えておくことも忘れないようにしましょう。

 

筆者も挙式に参加したはいいものの会場が狭くぎゅうぎゅう詰めになり、落ち着いて式を見られなかった経験があります。そうなるとやはりもったいないですので、今回ご紹介した点は意識して会場選びや、ゲストへの連絡をするようにしてください。