両親からの援助と結婚費用

地域差や人数によって差はあれど、大きなお金がかかることが多い結婚式。自分たちの貯蓄以外にもご祝儀を合わせれば自己負担額は減りますが、もうひとつのお金の出所として、親からの援助というものがあります。必ずあるかというとそうではないこともあるので、期待して結婚準備をするのもよくないですが、どれくらいの割合で、そしてどれくらいの額が援助としてあるのでしょうか?

 

あるデータでは、両親から援助があった人は75%以上にものぼるということが分かっています。それを聞くとけっこうな割合で援助をもらっているんだなと思いますよね。しかし結婚準備をすすめているカップルに話を聞くと、あくまでも自分たちの貯蓄とご祝儀で支払いをしようとしているカップルが多く、親からの援助というものを特に考えていないケースが多いように思います。
そこで予期せぬ親の援助が入ってくると、断るカップルもいれば、ありがたくいただいて結婚式や、新婚生活の足しにするというカップルもいるようです。

 

また援助の仕方も家族によりけりです。まとまった額を渡すこともあれば、貯蓄から不足している額のみ、衣装代のみなどさまざまなパターンが考えられます。あらかじめ両親から援助の申し出があった場合は援助の額や方法というのは話し合っておいた方がいかと思います。

 

ちなみに両親や親族からの援助の平均額は190万円ほどとなっています。もちろん各家庭の経済状況や景気、親族の数などで大きな差は出てくるかと思いますので、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

 

結婚とは人生の一大イベントです。本人たちにとってはもちろんですが、育ててくださった両親も同じくらいうれしく、緊張もするものです。そこで何かしてあげたいという気持ちが起こるのは当然のことといえるので、結果的に援助の割合や額が大きくなるのかもしれません。援助をいただく場合は感謝をし、誠意をもって使用するようにしたいですね。