内祝いに人気のアイテムと贈る時期

結婚や出産など、おめでたいことがあった際にお祝いを貰います。そのお返しとして贈られるのが内祝いです。本来の意味としては、我が家におめでたいことがあったのでその喜びの気持ちを祝い品に変えてお裾分けするという、身内のお祝い事の喜びを分かち合う贈り物でした。結婚式に招待した方への内祝いは、引出物がこれにあたるので贈り物をする必要はありません。お祝いをいただいた中で、結婚式に出席しない方に内祝いを贈る必要があります。しかしはじめての内祝いとなるとなにを贈ればいいのか意外と分からないものです。そこで結婚内祝いに人気のアイテムをご紹介いたします。

 

まずは幅広い人に喜ばれる、お菓子類です。洋菓子、和菓子とありますが相手方の年齢や好みに合わせて選べばいいでしょう。事前のリサーチなどがあまりできずに、相手の好みなどがよくわからない場合などにはお菓子類を選んでおけば大きな失敗はありませんのでいいかと思います。

 

次に食料品やお酒など飲食物です。こちらは相手の好みが分かっておりピンポイントで好きな物を贈りたいというときに適しています。たとえば料理好きな人ならばおしゃれな調味料のセット、お肉が好きな人ならばご当地のブランド牛、お酒好きな人には名酒などといった具合です。気をつけたいのは賞味・消費期限や食物アレルギーです。できれば日持ちがするものが相手もゆっくり食べられるのでいいでしょうし、アレルギーで食べられないとなっては意味がありませんのでそこは事前に調べておきましょう。

 

キッチン用品・日用生活品もニーズが高いのでオススメです。こだわりがある人ならばブランド品のお皿などは非常に喜ばれますので、相手の趣味が分かっているのならば好きそうなデザインの食器類などを選んでみるのもいいかと思います。日用生活品ならばタオルや洗剤など、いくらあっても困らないものや消耗品を選ぶと無難です。

内祝いを贈る時期は、お祝いをいただいてから一ヶ月以内が目安となります。無事結婚しました。という報告も兼ねているので、遅くなりすぎないようにしましょう。手渡しが理想ですが、遠方の方や都合が合わない場合は郵送でも問題ありません。短くてもいいのでお礼状を添えるとより丁寧でいいでしょう。相場はお祝い額の半額から三分の一程度。みなさんから同じ金額のお祝いをいただくことはないと思いますので、予算別でいくつかの品物を選ぶといいでしょう。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、楽しんで内祝いを準備したいですね。