会費はゲストひとりあたりの「会場使用料+プロデュース費用」で計算します。

会費制結婚式・1.5次会のゲストの会費について

昔の結婚式ではご祝儀という形で新郎新婦へ渡されていた結婚式費用。ご祝儀は気持ちでもあるため明確な金額設定はなく3万円~10万円という振りの大きい料金であったものの、時代が進み、不況を経た今、参加してもらうゲストの負担を減らしたいと会費○○円という形で明示するのが当たり前になりました。

会費はゲストにも新郎新婦にも優しい料金のカタチ

本当に昔の結婚式って、参加する側の悩みどころが多かったんですよね。その中で一番の悩みの種はご祝儀いくら包もうという点。いろんな方に話を聞くと、親族の挙式に参加するなら5万円~10万円、友人知人の挙式に参加するなら3万円~5万円程度は包んでいたという感じだったのですが、実際、どうです?もし今月、友人ふたりが結婚するとなったら、最低でも6万円~10万円が飛んでいってしまうんですよね。

しかもこれはあくまでも僕がヒアリングした金額で、例えば名古屋はさらに多く包むというような文化もありましたし、新郎新婦側としても気持ちなので、ご祝儀の合計が幾らくらいになるのか?なんて予想をしなければならず、ほんと双方にとって切実な悩みどころでした。

そんな中、現在おこなわれる様々なブライダルで多くなってきているのが「会費制」という料金のカタチ。
会費ってパーティなどにお呼ばれした場合などでは一般的ですよね。

招待状を送る際に「このオリジナル結婚式や1.5次会に参加いただけるなら、参加費として○○円頂戴しますね」と会費(ゲストが支払わなければならない費用)を明確に提示することで、参加者同士での差もでなくなりますし、新郎新婦としても×人数で会費総額が簡単に計算できますよね。

会費は通常、ゲストひとりあたりの「会場使用料+プロデュース費用」で組み立てます。
例えば

ゲストひとりあたりの

 会 場 使 用 料 8,000円(これは会場によって異なります)
 プロデュース費用 5,000円(これは業者によって異なります)

だとしたら、ゲストひとりあたりの会費は13,000円がベースになります。
ここから新郎新婦側の自己負担が増えてもゲストの負担を減らしたいのであれば下げますし、できるだけ自己負担を減らしたいのであれば上げることになってくると思います。

ここは新郎新婦さんご本人はもちろん、業者やプランナーさんと相談しながら決めていってくださいね。