とどのつまり基本プランとは、業者の料金内でおこなえる内容。各業者によってその内容は様々です。

会費制結婚式・1.5次会のよくある基本プラン内容

1.5次会の業者サイトを見ているとプラン料金という表現や、基本プランという言葉がしばしば出てくると思います。このプランという言葉、辞書で意味を引けば計画・構想・案などが出てくると思いますが、ウェディング業界では「パッケージされたサービス内容」と捉えましょう。

基本プランは「これだけまとめて、この料金でやりますよ」のベースとなる存在

こちらの総費用とその内容でも触れていますが、プロデュース業者やプランナーにオリジナル結婚式や1.5次会を依頼する際、業者に「何をやってもらうか?」「何を代行してもらうか?」という話になります。

例えばもし、自分たちだけで1.5次会やオリジナル結婚式ををおこなう場合、しなければならないこととしてざっと挙げてみると……

・コンセプトの決定
・企画の立案とプロデュース
・会場探しと下見
・会場の予約手配
・食事やドリンクの決定
・ウェディングケーキの手配
・ドレス&タキシードの手配と準備
・ヘアメイクの手配と準備
・クラッカーなどアイテムの準備
・ペーパーアイテムの購入と準備
・ブーケや巨大バイトの用意
・装花やフラワーアレンジの手配と準備
・余興やゲームの準備
・余興やゲームで渡す景品の購入
・ウェルカムボードの作成
・オープニング映像の作成
・新郎新婦プロフィール映像の作成
・エンドロール映像の作成
・ゲストのリストアップ
・当日の荷物運搬
・当日の会場セッティング
・招待状の発送
・写真撮影
・幹事や受付案内
・おつりの準備
・当時の司会進行
・音響の手配と準備と当日作業
・会場への支払い
という感じでしょうか。

なんだかうんざりしてしまうほどやることが多いですよね。
プロデュース業者であればこの内容の中でピックアップし、まとめてこの料金でやりますよ!と新郎新婦へ提供しているのがプラン料金で、そのベースとなる最少内容が基本プランだったりします。

プランナーさんに依頼する場合でも、これらを代行してくれますが、基本的に個人で活躍されているプランナーさんに依頼すると高額になる傾向があります。

また自分たちだけでおこなおうとすると、不慣れであろうしノウハウもないので、仕事などをおこないながらはかなり難しく、効率という点でも業者さんを利用するのをお勧めします。

もちよろしければこちらの総合ランキングをご参照くださいね。

「会費制結婚式・1.5次会のよくある基本プラン内容」と合わせて読みたい