オプションプランとは、別途料金が発生する内容。業者によって異なるので注意が必要です。

会費制結婚式・1.5次会のよくあるオプションプラン

業者によってはドレスのレンタルやムービー制作は別途料金が発生したりと、全ての業者が全て同じ基本プラン内容であるとは限りません。その別途料金が発生するサービス内容をウェディング業界ではオプションプランと呼びます。

オプションは業者によって様々。その業者にしかないオリジナルの内容も。

自分たちだけでオリジナルの会費制結婚式や1.5次会を準備し、運営まで全ておこなうということであれば心配することではないのですが、現実的にブライダルのプロデュース業者やプランナーに依頼することの方が大多数ですよね。

こちらのオリジナル結婚式や1.5次会の基本プランの解説ページで取り上げましたが、オリジナルの会費制結婚式や1.5次会でやらなければならないことを、それぞれの業者がパッケージとしてまとめて「いくらで請け負います」と定めたものが基本プランとなりますが、基本プランの内容、つまり業者がおこなってくれる内容は業者によって異なりますし、それに合わせて料金も変わってきます。

ただ業者として「できない。」とは言えないので、代替として展開しているのが所謂オプションと呼ばれる別途料金が必要なプラン内容。

どういうものがあるかと言うと、例えば
・ドレスのレンタル
・特殊なムービーの作成
・WEB上での案内ページ作成
・神前式での式やパーティ

などは業者によってはオプションにしているところもあります。
また、パーティー中にメールでゲストへ届くお礼状など、その業者にしかできないようなサービス内容もオプションとして展開されている場合があります。

基本プランとオプションプラン。言い換えれば、料金内でやってくれることと、別途料金がかかるもの。オリジナルの会費制結婚式や1.5次会を業者に依頼する際は、しっかり聞いておいてくださいね。