オリジナルの結婚式や1.5次会に欠かせない音楽と演出。自分たちが本当に気に入るものを、とことん選ぶのが成功の秘訣です。

1.5次会の音楽と演出の決定

ゲストのリストアップが固まり、何人程度を招待するのかが見えてくれば、次におこなうべきは音楽や演出の決定です。音楽も演出も、あなたが「こうあって欲しい、こうありたい」とイメージしている1.5次会をゲストへ直接伝えるものとなり、ここでの妥協はあなた自身の1.5次会が満足にいかない大きな要因となるため、とことんこだわり抜くのが成功の秘訣です。

ウェディングではあなたと、あなたのパートナーを連想させる音楽を選ぼう。

オリジナルの結婚式や1.5次会にかかせないのが、ウェディングBGM。音楽ひとつで会場の雰囲気が大きく変わるのはもちろん、プログラム進行の始まりを告げる区切りとしてもBMGは非常に重要です。ではどうやって音楽を決めればいいのか?そんなに難しく考えることはありません。決定のベースとしてあるのが、自分たちを連想させる音楽です。例えばクラシックが好きなふたりであれば、弦楽四重奏などクラシックを連想させるような音楽を、映画が好きなふたりであれば映画音楽を、賑やかなお二人であればJ-POPなどもいいと思いますし、もちろん自分たちの思い出のミュージックや、自分たちが好きな音楽を選ぶのもアリですよ。
大事にしたいのが、音楽でも自分たちの結婚を表現するということ。
プランナーさんとしっかりコンタクトを取り、最高のBGMを選んでくださいね。

ゲストに自分たちの結婚をどう伝えるか?それが演出です。

特にオリジナルの結婚式を挙げる場合、もしかしたら一番重要になってくるのが演出かもしれません。上記げあげたウェディングのBGM同様、自分たちを連想、象徴するようなイメージを会場の雰囲気、司会進行、プログラム進行、余興など全てで表す必要があります。その根幹となるのが演出の全体像。オリジナル結婚式のコンセプトとも呼ばれますが、キービジュアル、コンセプトワード、シンボルアイテムなど自分たちの結婚式で表現したいことをプランナーと一緒に具体化し、それに沿って会場など結婚式像を創り上げていきます。
新郎さんも新婦さんもお互いのイメージを合わせていかねばならず、大変な作業となりますが、その分、出来上がりは素晴らしいものになりますので、創っていくのを楽しむくらいの気持ちで、とことん拘って決めていきましょう。