一生に一度の1.5次会となるお披露目パーティー。どこの業者に依頼するかで全て決まります。

nagare_image_gyousha-renraku

1.5次会、全て自分たちだけでできないことはないのでしょうが、やることがあまりにも膨大で通常は、結婚式と同じくブライダルのプランニング会社や1.5次会の専門業者へ依頼します。でも業者の質も、担当者の経験も千差万別。自分たちと合わない業者や担当者になってしまったら……なんて想像も、したくないものです。業者選びって、1.5次会をおこなうにあたって実は一番、大事なことかもしれませんね。

サービスとしての判断基準は
「①プラン内容」「②総費用」「③自己負担額」の3つ

このページでは業者を選定する上で考えたい点を書いていくのですが、このサイトを立ち上げた理由でもありますし、こちらのランキングを参考にしていただければ嬉しいです。と言ってしまうのは簡単ですよね。ただ当サイトはあくまでも当サイトの基準でランキングを掲載していますし、最終的に決めるのは新郎新婦さんご本人なので、やはりしっかりと選ぶことのできる情報は事前に知っておくべきです。

と、前置きが長くなってしまいましたが、1.5次会の業者を選ぶにあたって、判断基準として絶対に知っておくべき点が以下の3つです。

「①プラン内容」
「②総費用」
「③自己負担額」

ひとつめの「①プラン内容」はつまり、1.5次会業者が一体、どこまでのことを費用内でやってくれるのか?ということ。
ふたつめの「②総費用」は結局、会場費、初期費用、ドレス費用、サービス料など総費用(総コスト)でいくらかかるのか?ということ。
みっつめの「③自己負担額」は「総費用」から「ゲストから徴収する会費の合計」を差し引いた、自分たち新郎新婦が負担しなければならない費用のこと。

業者によってムービー制作やドレスのレンタルがオプション扱いになっていたりしますし、1人あたりのプロデュース料(サービス料金)が安くても、結局総額としては高くなることは多々あるのが、ブライダル業界(というか冠婚葬祭の業界でしょうか)の大きな特徴です。

この3つのポイント。
結論から言ってしまえば、当たり前のことになりますが

「①プラン内容」→内容が多ければ多いほど良い
「②総費用」→安ければ安いほど良
「③自己負担額」→会費と相殺し0円に近いほど良い

ということになります。 次の項目でお話する「1.5次会の説明会・お打合せ」で、しっかり業者さんとシミュレーションしながら決定してくださいね。

会社の規模、説明会の雰囲気、担当者の人柄もしっかり判断しましょう。

上記の重要ポイント3つは、あくまでもサービスとして利用する際の判断基準です。1.5次会の業者を決めるにあたって、それ以外にも大事な判断すべき部分があります。それは「会社の規模」「説明会の雰囲気」「担当者の人柄」です。

あまりにも小さな規模の会社だと自転車操業している場合もかなり多く、三ヶ月~半年間をかけて進めていく1.5次会だと、状況によっては業者さんが倒産してします……なんてこともあり得なくはないです。会社の規模はそのまま利用時の信頼性につながりますし、しっかりと会社の規模感(創業から何年経過しているなども知っておくといいですね)を掴むようにしましょう。

また「説明会の雰囲気」「担当者の人柄」は、つまり実際に新郎新婦さん両人と、どれだけ合うかという相性ということです。いや、ホント大事なんですよ、相性って。しかも一生に一度の1.5次会なんですし、合わない人よりも自分たちと合う人に担当してもらいたいですよね。

相性で大事になってくるのが第一印象。
笑顔でハキハキと質問に答えてくれたり、親身になって相談に乗ってくれる方が理想ですよね。また字のキレイさや「できないものはできない」「これは他社の方がいい」など、正直に答えてくれるか、誤魔化そうとするかは、ぜひ見てほしいポイントです。
そのため、特に1.5次会や会費制の結婚式等、冠婚葬祭系では担当者の態度が悪かった、強引だったなど印象の悪さを理由に断るのも全然OKだったりします。

会社の規模、説明会の雰囲気、担当者の人柄。
業者さんとお会いするという新郎新婦さん、この3点もしっかりと見るようにしましょう。