あなたの結婚を視覚的に伝えられるウェディング・ムービー。成功の秘訣はあなたの素材提供にかかります。

会費制結婚式・1.5次会のムービー等の下準備~制作

1.5次会や会費制の結婚式にかかせない演出アイテムがオープニングやプロフィール紹介で流されるムービー(映像)。今は新郎新婦本人が容易に映像制作ができるソフトも多数ありますが、やはりプロが制作するとその出来栄えは大きく変わります。一生に一度だからこそ、最高のムービーを手に入れましょう。

特にオリジナルの結婚式はコンセプトに沿ったムービーを!

ムービー、映像というものは、画、音、そして動きを同時に使用し、視覚的に訴えることができるので、見る人に対して強烈な印象を受け付けることができます。そのため特にコンセプチュアルなテーマを持ち、オリジナル要素を大きく含んだ結婚式においては、上手く活用することで効果的な結婚式の演出として活用することができます。

例えば不思議の国のアリスなど西洋の物語風がテーマであったら、アリスの世界観を映像で作り、それを上映することでオリジナル結婚式そのもののテーマを自然に伝えられるように。
例えば音楽がテーマであったら、自分たちがアーティストとして出演しているようなミュージックビデオ風のムービーを制作し、それを上映することで視覚的・聴覚的に訴えたり。
例えば感動を呼び起こしたいなら、映像と音源の演出次第で上手にタイミングを調整できたり。

このようにムービーというものは結婚式や1.5次会において非常に重要な役割を果たします。そのため、ここの出来ひとつで、ゲストの印象はもちろん、自分たちの満足度もかなり変わってきますし、映像で残せられれば、のちに何度でも見返すことができますし、もしお子さんなどが生まれたとき、見せてあげることもできるので、ムービーについては多少お金がかかっても本当に満足できるクオリティで制作することをお勧めします。

本当にこだわるなら絶対に自前よりプロ!

上記のように満足できるクオリティで、と書いてはみましたが、決して自前で作るのが悪いというワケではないんですよ。その方が自分色が出しやすいのもあるでしょうし、これパパが作ったんだぞ!と子供に言うこともできますし。1.5次会などではその方が良いかもしれませんね。
でもオリジナル結婚式の場合は、やはりプロに任せることをお勧めします。なんて言ったってクオリティが断然違うんですよ。ホント、映画のようなムービーを作ってくれますし。
そこでクオリティを上げるために、新郎新婦として必ず必要になってくるのが素材の提供。写真などはもちろん、本当にこだわるのであれば、映像撮影なども発生するかもしれません。
結婚の準備などで時間を割くのも難しい状況だとは思いますが、ムービーというものは本当に自分色の結婚式を挙げるために欠かせない要素なので、妥協せず、協力し合いながら作っていきましょう。

「会費制結婚式・1.5次会のムービー等の下準備~制作」と合わせて読みたい