一番の違いはご祝儀か、会費かという点。これによってかかる費用が倍近く変わってきます。

whats_image_difference

1.5次会と昔からおこなわれている結婚式や披露宴。何が違うんだろう?と書き出そうとした時、そもそも、通常の結婚式がどのようにおこなわれ、何が必要なのかを知らなければならないことに気が付きました。そんなワケで、ここでは通常の結婚式の概要と合わせて、1.5次会との違いを解説します。

ご祝儀か?会費か?通常の結婚式と1.5次会の一番の違いは費用にある。

僕はもう結構年齢がいっているので、結婚式には何度か出席しているのですが、ご祝儀って結構、バカにならないんですよね。兄弟だと5万円~、親族だと3万円~5万円、親しい友人・知人でも3万円~1万円は包むことになります。しかも、ご祝儀って出席者からの気持ちってことだから、これよりも多く包むなんてことも多々ありますし、相場はあれど、この額!といった決まりは無いもので、幾ら包むか……結婚式に招待された者同士が相談するなんて光景を目にしたもんです(ぶっちゃけ僕もめっちゃ相談しました!)。

しかし1.5次会や会費制の結婚式であれば、基本的に新郎新婦が参加料として「会費」を設定し、招待状などに記しますので、一律なんですよね。しかも会費は通常、コミコミで1人あたり5,000円~2万円程度で設定するもので、これはゲストにとって非常にありがたいものです。

1.5次会と通常の結婚式、この費用の違いが一番の違いだと思いますよ。

通常の披露宴はホテルで。でも1.5次会は多種多様な会場でおこないます。

昔は結婚式や披露宴の会場というと、それなりに規模の大きなホテルが一般的でした。ホテル側も結婚式のプランや会場を用意していましたし、遠方からの来客の宿泊施設としてそのまま利用できたためです。でも1.5次会はホテルでおこなうことは少なく、より親身な会場で、自由な会場でということが多いようです。例えば式場の近くのオシャレなレストランを会場にしたり、ゲストハウスや貸パーティ会場を使用したり。レストランはホテルと同様か、それ以上に料理の質そのものは高いですし、貸パーティ会場は設備が充実していたりしますから。加えて言うならば、式場によっては自社運営している会場などもありますし、新郎新婦の好みや、やりたい1.5次会に合わせて多種多様に選ぶのが特徴です。

通常の結婚式は基本的に着席。会費制なら立食でも多々おこなわれます。

会費制の結婚式1.5次会や二次会などは食事や座席も様々で、ビュッフェ形式や立食形式でも多々おこなわれます。このビュッフェ形式や立食形式が安くできる理由でもあるんですよ。ホテルでおこなうと基本コース料理なので、どうしても高額になってしまいますよね。昭和の時代(なんて言ったら怒られそうですが)の結婚式や披露宴では6人~8人掛けの円卓に座るのが一般的でした。でも1.5次会は立食でも着席でも、どちらでもおこなえますし、スタイルによってケースバイケースで選びます。